心と真我


Eやっぱり、動いているモノを見るべきだ

モノを有りのままに見ている時というものは、我々の内なる目撃者があらわになっている時なのでもあるが、「モノを有りのままに見る」という行為を分析してみると、次の二つの要素に分けることもできる。一つは、眼にモノを映すこと。もう一つは、眼に映っているモノを意識で捉えること。
要するにモノを有りのままに見るためには、ただ単に眼にモノを映してりゃあ良いってもんじゃなくて、眼に映っているモノを捉える意識が必要だってことである。
このように申し上げると、既にお察しの向きもあろうかと思うが、モノを有りのままに見ることによってあらわになる我々の内なる目撃者とはその、眼に映っているモノを捉える意識のことに他ならない。
さてそうは言うものの、眼に映っているモノを意識で捉えるのはそれほど容易なことではない。想念という名の「オジャマ虫」がいるからだ。想念が何故、モノを有りのままに見ることの邪魔になるのかというと、その理由はこうである。
もしも想念があると、たとえ眼にモノが映っていても、意識はモノではなくそちらの方を捉えてしまう。言い換えるならば、モノと想念と二つある時は、意識が捉えるのは常に想念の方だってことである。
どうして、そうなっちゃうのだろうか。それを知るには想念というものを、我々の眼の前に立ちはだかるツイタテみたいなものとして考えるのが一番だろう。
ご存知のように、我々の眼の前にツイタテが置かれると、ツイタテの後ろにあるモノを我々は見ることができなくなるものだが、ちょうどそれと同じように、我々の意識の「前」に想念が立ちはだかると、モノは想念の「後ろ」に隠れてしまい、意識でモノを捉えることはできなくなる、という次第。
このようなわけで、モノを有りのままに見るためには即ち、意識でモノを捉えるためには、想念(心)を脇に置く必要がある。想念を脇に置かないと、意識でモノを捉えることはできない。
このことがハッキリと分かるのは、見ているモノが静止している場合ではなく、動いている場合である。見ているモノが動いていれば、意識でモノを捉え得ているか否かが直ぐに分かるからだ。何によってか、と言えば、モノの現在位置を把握できているか否かによって。
そこでは、モノの現在位置を把握できているか否かがそのまま、意識でモノを捉え得ているか否かを明確に知るための手がかりになる。
つまりそこでは、モノの現在位置を把握できていれば、「自分は今、意識でモノを捉えることができている」と直ぐに分かるし逆に、モノの現在位置を把握できてなければ、「自分は今、意識でモノを捉えることができてない」と直ぐに分かる。
これに対してモノが静止している場合はどうかというと、意識がモノを捉え得ているか否かを、明確に知るための手がかりになるものが無い。
従って前述の事実つまり、想念を抱くことと意識でモノを捉えることとは両立しない、という事実を実際に確かめたかったら、動いているモノを使ってする方がやはり効率的なのである。
さて、色々なモノを見て我々が心に抱く感覚というものは、思考やイメージなんかと比較すれば分かるように、想念としては最も微細で動きの速い部類だと言える。が、それがどんなに微細で動きの速いものであろうとも、想念のお仲間であるという一点においては思考やイメージと変わりがないので、思考やイメージと同じく感覚もまた、モノを有りのままに見ることの妨げになる。その妨げは、思考やイメージによってもたらされるものほどには顕著なものではないとしても。
従って例えば、もしもあなたが路上を行く車を見ている時、車に対して何らかの感覚を抱いたとしたら、これまでの話を総合すればお察しいただけるように、あなたの意識は、極めて微かなレベルにおいてだが、車の現在位置を見失うことになる。感覚が、あなたの意識の「前」に置かれたツイタテのような役目をするからだ。
意識が車の現在位置を見失う、というのは言い換えるならば、車が存在している場所とは異なる場所を意識が向いてしまう、ということに他ならない。その場所は具体的には、車が一瞬前に走っていた場所である。
だからそこにおいては、車が実際に走っている場所と意識が向いている場所との間に、一瞬という時間の経過によってもたらされた微かな距離が存在する。簡単に申せば、我々が車に対して何かを感じた時には既に、車はほんのちょっとながらそこから移動している、ということ即ち、顕微鏡を覗くみたいに精密に調べてみると、あなたに何かを感じさせた車はもうそこには無い、ということである。
モノから受ける感覚は大きな角度から眺めるとモノに関する情報の一種と見なせるので、情報という言葉を使わせていただくが要するに、感覚というものは、世の多くの人たちの思い込みとは裏腹に、絶対の今におけるモノの情報なのではなく、一瞬前のモノの情報なんだってことを、以上の事実は物語っている。
感覚とは絶対の今におけるモノの情報ではなく、一瞬という微かな過去におけるモノの情報なのである。だから我々は、あるモノに対して何かを感じている時は厳密に言うと、過去を向いていることになる。
だからこそ感覚を交えながらモノを見ることは、思考やイメージを交えながらモノを見ることと同じように、絶対の今においてモノを見ること即ち、モノを有りのままに見ることの妨げになるのである。
こういうことは、動いているモノを通してしか分からない。
Fに続く
TOP INDEX BACK NEXT